メンズ

うつ病を治すには正しい知識と正しい治療が大切です

治療に関して

悩む人

うつ病治療の4つの柱

うつ病の治療を行っていくうえで大切な4つの柱があります。それが「休養」「環境」「薬」「カウンセリング」です。それぞれの柱について詳しくみていきましょう。

休養と環境

心の病気であるうつ病にとって充分な休養はとても大切なものです。これまで頑張ってきた心と体をしっかりと休ませてあげましょう。また、しっかり休むためには環境も大切です。仕事を休職したり、家庭での役割分担を見直したりと生活環境の調整を行っていきましょう。うつ病を発症してしまう人は責任感が強い傾向にあるといいます。休職することで職場や家族に迷惑がかかってしまうのではないかという理由から、休職や家庭での役割分担の見直しになかなか踏み切れない人が多いようです。ですが、休養と環境の調整はうつ病の治療には不可欠です。病気になってしまったときぐらい周りに甘えてもバチはあたらないので、環境の調整を行って遠慮せずに休むようにしましょう。

薬での治療

うつ病の治療は薬で行います。抗うつ剤という特殊な薬で治療を進めていきます。この抗うつ剤は効果を実感できるようになるまでに時間がかかります。うつ病の症状がひどくなるとすぐに効果を求めてしまう傾向が強くなりますが、最低でも2週間は様子を見るようにしましょう。すぐに効果が実感できないからといってコロコロ薬を変えてしまっていてはいつまで経っても症状は改善しません。薬でのうつ病治療には根気と時間が必要です。

カウンセリング

うつ病の治療には薬だけでなくカウンセリングも欠かせません。専門の医師やカウンセラーにカウンセリングを行ってもらいましょう。また、家庭で家族に話しを聞いてもらうことも重要です。どんなことでも良いので家族に話してみましょう。