メンズ

うつ病を治すには正しい知識と正しい治療が大切です

代表的なうつ病の種類

医者

うつ病にも種類がある

気分の落ち込みが続くうつ病ですが、心の病気であるうつ病にも様々な種類があり、それぞれで特徴や症状が異なってきます。代表的なうつ病とそれぞれの特徴や症状についてみていきましょう。

大うつ病性障害

一般的にうつ病と認識されているもののほとんどが、この「大うつ病性障害」に分類されます。一番スタンダードなうつ病だということですね。大うつ病性障害の代表的な症状としては抑うつの状態が持続する、やる気や興味が低下する、集中できなくなる、判断力が鈍るといったものがあげられます。

双極性障害

うつ病を発症すると、抑うつ状態と躁状態を繰り返します。ですが、抑うつ状態と躁状態の差があまりのも激しい場合、ただのうつ病ではなく双極性障害の疑いがあります。双極性障害の特徴は躁状態のときの気分の高まりが異様に高いことにあります。躁状態と聞くとそんなに悪くないイメージを持つ人もいるかもしれませんが、双極性障害の躁状態はかなり極端なので注意が必要です。買い物をしたときに歯止めがきかなくなってしまったり、物を壊したり、誰かれかまわず話しかけるなど、周りに迷惑をかけてしまうことも珍しくありません。強い躁状態のときは物事が正しく判断できなくなってしまうので社会的に逸脱した行動をとる危険性があります。そのような事態にならないよう、早めに専門の病院で治療を行っていくことが大切です。

気分変調性障害

マイナス思考が強すぎる人の場合、元々の性格ではなく、変調性障害という特殊なうつ病を発症していることがあります。気分変調性障害の大きな特徴として、全てを自分のせいだと考えてしまう認知の歪みという症状があります。些細な出来事を拡大解釈し、「自分が悪い、自分のせいだ」と決めつけてしまうわけです。マイナス思考が強すぎるだけだと思いこんで放置する人が多いので、一度病院を受診してみるといいかもしれません。特に認知の歪みについては自分で意識を変えたり、改善したりするのが難しいので、専門医に対処してもらう必要があります。